ハクビシン駆除の料金が高額になる理由について確認してみよう

害獣の生態について知る

作業員

害獣の対象には、イタチが含まれています。そもそもイタチとはどんな生き物なのでしょうか。イタチはネコ目イタチ科に分類される哺乳類です。日本にいる害獣とされている種類はニホンイタチとチョウセンイタチの2種類です。他にもキタイイズナ、ニホンイイズナ、ホンドオコジョといった種類もいます。イタチは見た目とは裏腹に性格は非常に凶暴な生き物で、むやみに手を出そうとすると攻撃される危険性もあります。また、動きも素早いため追い払うのも一筋縄ではいきません。
イタチ駆除を専門としている業者でも鳥獣保護法で保護されているため、捕獲はできません。許可申請を行なうことで捕獲はできるようになりますが、メスは非狩猟獣とされているため、許可を得ても捕獲できるのは雄のみです。イタチ駆除をするために有効なものはいくつかあります。イタチが嫌がる臭いを放つ忌避剤です。設置するもので最も簡単な対策グッズです。他にも柵を仕掛けて畑や家への侵入を防いだり、青色LEDのストロボ使って追い払うという方法もあります。柵を仕掛ける場合、かなりの高さがあるものでなければジャンプ力の高いイタチはいとも簡単に飛び越えてしまう可能性があります。イタチ駆除で一番有効とされているのは、青色LEDのストロボです。警戒心の強いイタチはそれを見ると人間に見つかったと思い、危険を察知してすぐに逃げ出します。イタチ駆除の業者に依頼した場合は、追い払いの他再来防止策も行なってくれ、保証つきの業者はその後にイタチが現れた場合でも別途手数料は発生せず、対応してくれるところもあります。